2013年08月12日

【8/12】聴きログ☆2013夏

ハイ、おひさしゅうございます…

こちらのブログ、しばらく放置しておりました…あせあせ(飛び散る汗)

私は元気で〜す!(^^ゞ

聴きライフは送っていたけども
新しいものや再聴モノを聴いてメモるほどではなくて、
大好きな盤をひたすら何度も聴くといった感じだったりして…

というわけで今回はここ最近、新たに聴いたやつを
さりげなく聴きログっちゃいますょ♪

まずはこちらから〜

-----------------------------------------------------

Mike D'Abo - Collection Vol.2

マンフレッドマン、2代目ボーカリスト、
マイク・ダボの編集盤。

こちらはパート2で、72年から76年までの楽曲が中心。

ダボちゃんは去年のマンフレッズ来日で見て
現在のダボちゃんがホントに大好きになっちゃったんですょ♪

なんて味わい深いボーカリストなんだろうって…!

ソロ時代の編集盤はパート1のほうを持ってるけど
パート2はどうかな〜とゲット♪

ピアノ演奏が中心の穏やかロックで
ダボちゃんの飾らない歌い方がホントに味わい深くて感涙…☆

去年の来日の時期、ダボちゃんのソロ作品も
一挙CD再発するっていう情報が一瞬出て、
その後けっきょくは再発中止になっちゃったんだけども…

是非ともちゃんとしたカタチでCD再発してほしいな…

アルバムとして聴いてみたい…☆

-----------------------------------------

Temples - s/t

イギリスのネオサイケ現行バンドのEP盤。

いや〜、ボーカルの人がマークボランとシドバレットを
足して2で割ってプラスアルファした感じの人で、

私の友達がカッコイイと言ってたので聞いたところ
いや〜〜、ホントにこのバンドは好みだゎ〜と…!

この音源は音はクリアで籠もってないから
なにげにイマドキ感な雰囲気もあるけど
曲&演奏はもうホントにサイケで最高〜!!

もっと籠もった音で録音してほしかったなぁ…(籠もり音フリーク)

でもエコーがかってて幻想的なので良しとするか♪(ナニサマーw)

ライブで聴いたらこれほどクリアには聴こえないだろうから
ほどよくサイケで良さそう♪

----------------------------------------------------

Perry Leopold - Christian Lucifer

これ、ずっと前にゲットしてずっと聴いてなかったんですよね…
それこそ2年くらい…(爆)

ようやく聴いたところ、
素晴らしく幻想的なアシッドフォークでうっとり…☆

アコギとオーケストレーション、笛も少し。
曲によっては風や金属音のSE入り。

この幻想的な感じ、
アコースティック寄りのサウンドをやってた時期の
ジェスロタルに通じるものを感じるかも…!?

ていうかまだ聞き込みが浅くて
気の利いた言葉が書けなくてトホホな感じなんだけど…('A`)

ああ、これを少しでも語れるぐらいまで聴き込んで
表ブログに載せれるぐらいまでに成りたい!

素晴らしきアシッドフォークなことは確かです…!(滝汗)

--------------------------------------------------

Les Cappuccino - Ultra Kitsch

cuppci_1.jpg

日本のモッドなアシッドジャズ・インストバンドの
フランス限定CD盤。

フランス向けだからなのか
フレンチポップなキュートな雰囲気の曲が多い感じ♪

インストバンドといっても曲によっては歌入りだったり、
パパパコーラスだけだったりと色々あるので
アルバム1枚を通して聴いても変化があって楽しく聴けれる♪

曲のほうはカバー半分・オリジナル曲半分といった感じで
オリ曲はギターのトミーさんが作ってるのだそうひらめき

cuppci_2.jpg

そんなキュートポップな感じのCDだけど
ライブのほうではモッドな雰囲気で
日本人離れしたサウンドのカッコ良いバンド!

ライブでお馴染みの曲も収録されてるけど
けっこう違ったアレンジだったり。

このバンドの各楽器のアレンジは
ギターのトミーさんが全部手がけているのだそう。

ライブとこのフランス企画盤との違いが楽しく聴けました♪

-------------------------------------------------------

Angelin Heavy Syrup - The Best of

angelin.jpg

1990年から大阪を拠点に活動していた、
女性ばかりのバンドのベスト盤。

女性ばかり、しかも日本人とは思えないほどの
プログレッシヴで幻想的なサイケデリックサウンド!

しかも歌部分では女性らしい繊細さと柔らかさが…!
聞き入りました…!

90年代初頭からこういう日本人離れした、
本格的なサイケサウンドをやってるのがホントにスゴイ!

このバンドを今まで知らなかったことにワナワナしちゃいました〜!

fusao.jpg

なんとなくドイツのサイケバンド、アモンデュールUと
同じような雰囲気を感じたんだけど、
このバンドのウィキペディア(しかも英語のみ!)を見たら、
やっぱアモンデュールUに影響されてるみたいな記述が!

やっぱそうか〜〜!

ああ、彼女らのアルバム全作品がCD再発されますように…!
全部じっくり聴いてみたい…!


はつ恋


-----------------------------------------

posted by moritan at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。